本文へスキップ

大原内科クリニック・福岡市中央区天神・内科胃腸科・胃、大腸内視鏡検査と治療(ポリープ切除)・健診・日帰り人間ドック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-737-8778

〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡ビル4階

福岡市中央区天神の内科胃腸科 

患者の皆さま、受診をご希望の皆さまへ

大原内科クリニックでは、患者さまにあたたかく接し、わかりやすく説明を行い、患者さまのための診療を行います。 当院では、自分と大切な家族が受けたいと思う医療、そんな医療を患者さまに提供することを心がけています。   
福岡市中央区天神の中心部にあるクリニックとして、専門分野における質の高い技術と安全な医療を提供します。

【トップレベルの大腸内視鏡検査を提供します

大腸癌の早期発見と治療には大腸内視鏡検査が不可欠です。積極的に検査を受けてください。

当院では、「無送気軸保持短縮法」
と呼ばれる内視鏡挿入技術を用いて検査を行います。
現在、多くの内視鏡医が、「麻酔(鎮静剤)を使って、眠っている間に楽な検査を受けましょう」と勧めています。
一見、良いことのように思えますが、実際は鎮静剤を使わなければ強い痛みを引き起こすような、未熟な技術であるということです。
鎮静剤を使った場合、痛まないのではなく、痛んだことを検査後に覚えていないだけです。このような未熟な技術による検査では、腸管や腸間膜を捻る、過度に引き伸ばす、あるいは圧迫するなどして、これらの臓器を損傷させる可能性があります。
鎮静剤は、繊細な技術と時間を要する内視鏡治療(粘膜下層剥離術など)や超音波内視鏡検査などでは必要となるケースもありますが、癌のスクリーニング検査や小さなポリープの切除などにおいて、使うべきではありません。
内視鏡医は自らの技術を研鑽することで負担の少ない検査を目指すべきですが、未熟な技術のままで、安易に鎮静剤を使用するような検査が広く一般的に行われていることは、大変残念なことです。

当院院長は、自身への胃、大腸内視鏡検査を苦痛なく行います。自分自身に対して内視鏡検査を行うのは操作上大変難しくなりますが、このことは卓越した内視鏡の挿入技術を有すること、そして当院の内視鏡洗浄消毒管理が万全であることを示すものです。内視鏡はその操作技術だけではなく、感染予防のための洗浄消毒管理が重要であることは言うまでもありません。これを疎かにしている医療施設は決して少なくないのが現状です。

当院では受診者さま全員に検査後、
痛みのアンケートをいただいてきました(平成26年8月まで)。その結果(下記)にあるとおり、熟練した技術があれば、鎮静剤を使わなくても95%以上の方に負担のない検査を行えます。
しっかり起きている状態で検査を受けることで、
リアルタイムにモニターを観察しながら、病変や処置についての説明を受けることができます。

詳しくはよくある質問を御覧ください。


当院ではH24年12月に発売された、高機能、最新型のオリンパス社製内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE」を使用しています。詳しくは院内設備を御覧ください。

<最近行った大腸内視鏡検査500例の疼痛アンケート結果> (H26年8月11日記載)

@楽な検査だった 374名(74.8%)
A少し痛みや圧迫感があるが、この程度なら注射で眠るなどの処置はいらない105名(21.0%)
B痛みや圧迫感が強く、次回は注射を使うなどして痛みをなくしてほし10名(2.0%)
C検査を受けること自体が怖いので眠った状態で受けたい 12名 (2.4%)

診察時間   

 
午前08:30〜12:00
午後01:30〜17:00

※12:00〜13:30は大腸内視鏡検査を行なっています。
※土・日曜日と祝日は休診です。
※受付はできるだけ午前、午後の診療時間終了10分前までに済ませていただくよう、お願いいたします。

informationお知らせ                                     

  • 健康保険について

    受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合、一旦自費での診療になりますのでご注意ください。        
  • 携帯電話について

    院内で携帯電話の通話はご遠慮ください。電源を切るかマナーモードに設定し、着信音が鳴らないよう、ご協力をお願いします。

大原内科クリニック

〒810-0001
福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡ビル4階
TEL 092-737-8778
FAX 092-737-8880

当院では、受診者さまの声が内視鏡医の