院内設備

待合室
上部・下部消化管内視鏡システム
オリンパス EVIS LUCERA ELITE システム

NBI(狭帯域光観察):粘膜表層の血管走行を細かく描写し、粘膜の微細な変化を観察することで高い診断力を発揮します。EVIS LUCERA ELITEでは、NBIの観察深度が同社従来の製品から大幅に向上し、明るく描写されるため、より精密な観察が可能です。

-使用内視鏡-
オリンパス社製最新型内視鏡を用いて検査を行います。
上部消化管
GIF-XP290N 先端部外径は5.4mm。受診者への負担が少ない経鼻挿入を可能にする極細径スコープです。超小型CCDの採用によって、極細径ながら高画質化を実現しました。特に、近接観察時には従来のハイビジョン対応スコープに迫る高精細な画像を提供します。
GIF-XP260NS 超小型CCDによる究極の細径化により、優れた挿入性と高画質画像を示します。
下部消化管 
PCF-H290I 当院で行う無送気軸保持短縮法の挿入技術を一層高める機能を有しています。ハイビジョン画像による高精度な診断が可能です。説明項目2が入ります。
内視鏡洗浄消毒装置
オリンパス OER-4

当院では内視鏡を介した細菌、ウイルスの感染防止を徹底しています。検査時に用いる鉗子などの器具はすべて使い捨ての製品としています。
内視鏡は先ず次亜塩素酸水で洗浄したのち、優れた消毒力を発揮する「過酢酸」を用いた、安全・安心の内視鏡消毒を行なっています。
コンピュータX線撮影システム
富士フィルムメディカル FCR PRIMA

富士フィルムによるデジタルならではの画像処理で正確な診断をサポート。患者さんに説明したい部位の拡大表示や、診断目的に応じた画像処理が、ボタン1つで行えます。

胸部および腹部単純X線撮影装置(CRシステム)
腹部超音波診断装置
日立アロカメディカル F37

肝臓、胆のう、すい臓、脾臓、腎臓、前立腺および腹腔のリンパ節、一部の血管、消化管などの病変および頸動脈エコーで動脈硬化の程度を調べます。
多項目自動血球計数装置
シスメックス KX-21

血液内の白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板数などを数分で測定し、炎症や貧血の有無などを判定します。
無散瞳眼底カメラ
TOPCON TRC-NW300

眼の網膜をデジタル写真撮影します。
ノンコンタクトタイプトノメーター
TOPCON CT-1

眼圧を測定します。緑内障など眼圧が上昇する病気の早期発見に有用です。
心電計
NIHON KOHDEN ECG-2320
  
心電図を測定します。不整脈、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患
の診断を行います。
電子スパイロメーター
NIHON KOHDEN HI-205T

呼吸機能を測定します。 
微酸性次亜塩素酸水生成装置
OSG Well Clean-TE